北村歯科 自由診療(保険外診療)価格表 治療費

北村歯科 横浜市鶴見駅東口駅前


当院は保険診療主体で診療をいたしておりますが、
患者さん個人の価値観によって

健康保険での制限にとらわれない前歯や詰め物をご希望される方には、
それぞれ個別に対応させていただきます。



決して高額な治療をお奨めしているのではありませんので、ご安心ください。

都内の自由診療の相場を考慮に入れて、4〜6割程度に設定したつもりです。
セラミック冠、ジルコニア冠に関しては、
破折・破損の場合には5年間は無償で修復いたします。

クレジットには対応していません。



自由診療 理解するためのビデオを作りました(約10分
 

安価 自由診療のご紹介 自由診療価格を抑えた新しい試み
全国の歯医者さんたちへの提案
自由診療安価プロモーション

2015年夏バージョンの自由診療の
ご紹介がIndexにございます。

最新価格はそちらでご確認ください。

一般的な水準よりも
かなりの高品位な仕上がりです。

フル(オール)ジルコニアクラウン 前歯 38000円
前歯はカラーリング・グラデーション仕上げ

フル(オール)ジルコニアクラウン
 奥歯32000円

emax(イーマックス)クラウン 奥歯 前歯 38000円

emax(イーマックス)インレー 310000円

 メタルホンドクラウン 前歯 奥歯 38000円(現在保留中)

セラミッククラウン冠(前歯、奥歯ともに)
 セラミッククラウン メタルボンド冠とも呼ばれます

健康保険で認められる前歯の白い部分はプラスチックしか認められません。
プラスチックなので、水分吸収し、変色しやすく、耐久性もあまり優れているとはいえません。
透明感や艶の問題もあり、天然の歯と同じように作ることが困難であるという欠点があります。

そこで天然歯冠に似た色調と透明度、耐摩耗性、耐変色性に優れたセラミックを
金属表面に溶着させて、金属の持つ強度とセラミックの持つ美しさを兼ね備えた
人工の歯がセラミッククラウンです。

しかし、健康保険の適応ではないので、若干の自己出費が必要です。


\55,555
税込¥60,000

セラミック冠・前歯


セラミック冠・奥歯

参考症例 
■ジルコニアセラミック冠 ★ジルコニアセラミック クラウン ★ジルコニア ボンド クラウン

人工ダイヤモンドの素材で作ったフレームを基本に作られたセラミック冠です。

通常のセラミック冠との違いは、その美しさと、金属を使用しないために、

金属アレルギーの方には絶好の素材となります。



¥74,074
税込\80,000

ジルコニア セラミック冠 
前歯・奥歯
■オール ジルコニア クラウン

ジルコニアセラミッククラウンのフレームのみで製作された修復物です。

パールの様な、独特の色調を持っています。

金属が目立つので、他の物を安くと考える方におすすめです。

強度もあり、アレルギーをほとんど起こさない材料です。

金属を好まない方への救済策としてとして、業界最安値に設定いたしました。
\29,630
税込¥32,000
オール ジルコニアクラウン
■グラディアダイレクト修復 前歯

臼歯(奥歯)の力の掛かる部分はハイブリットセラミックインレー e-maxをおすすめしています。

■ハイブリットセラミックインレー(部分的に詰める修復です)

より良い材料が普及してきました。
リチウムガラスセラミックインレー e-maxをおすすめしています。
価格も業界最安値付近に設定いたしました。


今までのコンポジットセラミックの最大の欠点である、「もろさ」「割れやすさ」に対しての
抵抗力がアップしています。。
非常に安定した材料で、お口の中でも安心して使うことができます。
とくに、近頃問題となっている金属アレルギーを引き起こす心配が少ない体にやさしい素材です。
透明感があり、色が天然の歯の色に近く、審美的な歯科治療にも適していますが、
単一材料で製作するので、歯と色調を完全一致はしません。
今までの複合材料の欠点である壊れやすさを改善した材料が、ハイブリッドセラミックです。

奥歯には、人の体重ほどの重量がかかるために、今まで金属を詰める修復方法が主流でしたが、
金属であるがために見た目(審美性)が悪い欠点がありましたが、
ハイブリッドセラミックの登場で、強度と美しさを兼ね備えた修復が可能となりました。
歯全体をかぶせる修復ではなく、部分的に詰める修復方法に適応します。
残念なことに健康保険適応外です。

実験的に、歯を全部かぶせる方法も数多く試しましたが、
破損しやすいために、ハイブリットセラミックでは
歯をかぶせる方法はおすすめ出来ません。


ハイブリットセラミックは、大きな虫歯の修復には向いておりません。
従ってご希望されても、適応外の場合があります。

詰め物で、より強度がある材料である、e-max(リチウムガラスセラミック)を
一般導入いたしました。




 ハイブリット・セラミックインレー


参考症例

ハイブリットセラミック注意点
■リチウム ガラス セラミック インレー(e.max)

ハイブリットセラミックの欠点を補う為に導入しました。

救済策なので、業界最安値付近に設定しました。

かぶせ物ではなく、詰め物のみの材料です。
¥28,703
税込\31,000

紹介ページ
■ハイブリッドセラミックラミネート(現在では違う方法をご提案)

ラミネート修復に関しては、質的にはかなり向上してきましたが、
難点も多く、あまりおすすめの治療法ではありません。
ラミネート以外にも、多くの選択肢がありますので、実際にご相談の上
治療法を決めるのが得策だと考えます。

現在では、グラディアラミネートをおすすめしております。



参考症例
セレックインレー (おすすめしていません)

近年ではハイブリットインレーのクォリティーが著しく向上したため、

現在では e-maxでの修復をおすすめしております。



参考症例
ゴールド修復

金は生体親和性が高くアレルギーが起きにくい金属です。
また金の特徴である延展性により抜群の適合性を有するため、隙間より細菌、唾液の浸入が少なく二次的な虫歯を発生しにくいために
長持ちする修復物を制作することが可能です。
腐食に強いのはもちろんのこと、適度な弾力と固さであるため、隣の歯や咬み合う歯の負担が少なく、
歯を支える組織にも過度な負担を掛けないなど、多くの利点があります。
見た目を気にしなければ、奥歯に関しては最適な材料の一つとして考えられます。

ゴールドインレー その他をおすすめ
ゴールドアンレー その他をおすすめ
ゴールドクラウン  その他をおすすめ
現時点では、インレーはハイブリットセラミック クラウンはメタルボンド冠 ジルコニアセラミック冠をおすすめしています。
上記すべて1本あたりの価格

保険外の入れ歯
歯をほとんど抜かないために、
今までに保険外での
入れ歯の事例がありません。

■歯の漂白 ホワイトニング

現在では、北村歯科発の世界的ホワイトニングである クリスタルブライトニングを主に行っています。

クリスタル。ブライトニングのページへ



歯をを削らずに白くする処置です。
薬剤によりラジカル(活性酸素)を発生させるメカニズムで漂白します。

エナメル質形成不全、エナメル質の亀裂、象牙質が露出している歯には不適です。
禁煙やお口の中を不潔にしていますと逆戻りします。

個人差がありますが、一年程度で元に戻る可能性があります。
自宅でできるホワイトニングを併用しますと、白さを維持することが可能となります。

詳しくはご相談下さい。

院長が開発した漂白法は現在900件ほどの歯科医院で、治療に使われていますが
当院では治療時間がとりにくくなって来ましたので、現在では他院をご紹介しております。

詳しくは 院長キタムラとホワイトニング のページをご覧ください。

上下で ¥6,481
税込\7,000
(12〜14本)

クリスタル ブライトニング

クリスタルブライトニング2


クリスタルブライトニング公式ページ
歯の漂白 (自宅で行うタイプ)

現在では、医院で行うクリスタルブライトニングのみを推奨しています。
痛くなく、手軽に、安価に、お手頃にホワイトニングが可能となったためです。


歯にぴったりのマウスピースを作って、
専用のジェルを入れて一定時間装着する事により漂白します。(約2週間) 

自宅でできるために毎回通院する必要はありませんが、二回の来院が必要です。

現在は、クリスタルブライトニングが
おすすめです。
■歯肉美容処置(歯肉ピーリング)

黒ずんだ歯肉が気になっている方は以外と多いのかも知れません。

この歯肉の黒ずみを最新のレーザー治療器を使って除去する事により、
健康なピンクの歯肉にする処置です。

しかし喫煙などを繰り返すと再び黒ずみが沈着する可能性が高くなります
多忙なため、現在は行っておりません
上下各\10,000
■噛み合わせ治療

最近は「時間があるときだけ限定」です。多くの原因が考えられます。

咬み合わせに関しては多くの情報が氾濫していますが、
ほとんどの場合には簡単な整復処置で済んでしまいます

「安易に歯を削らない」ということが一番のキーワードです。削ってしまったら2度と元には戻りません。

現在は、特にかみ合わせ治療はしておりません

頭痛、頭の後ろ 首 肩のコリ
その他 現在は行っておりません。 
参考
■背筋のばし、姿勢矯正のためのマウスピース
(時間があるときだけ限定)

現在では行っておりません。

現在は行っておりません。
参考症例
■夜間無呼吸症候群のためのマウスピース

平成18年の健康保険制度改正により、
専門医との共同ケアの場合にのみ、健康保険適応となりました。
専門医とコラボしている
歯科医院でお願いいたします。