症例その3 前歯を保険外でお金をかけないと綺麗にならないと言われた例 鶴見駅前の歯科 歯医者 北村歯科

北村歯科  横浜市鶴見駅東口駅前

 


1999年記
 
40歳の女性の症例です。
友人の紹介で来院しましたが、
前歯の歯茎が虫歯です。

歯肉が下がり、
また歯ブラシによる摩耗も原因の一つです。

保険外で前歯をキャップしないと綺麗にならないと言われ
「1本10万円、2本で20万円の費用がかかる」
と他の歯科医院で告げられたそうです。

そこで複数の選択肢を提案し
ご本人に治療方法を選択していただいた例です。

健康保険で修復しましたので
一本1100円程度の費用がかかりました。
 
歯ブラシの横磨きで
摩耗したスペースにゴミが溜まって

虫歯になってしまったようです。
これを復元するために人工的に制作したキャップしていまうのも、
一つの選択肢ではあります。

しかしご本人の立場に立って考えたとき、
多くの選択肢をこちらから提示して、
ご本人にそれを選択していただくのが

ベストだと私は考えます。
 
 
これもガラスと樹脂の複合材料で修復しました。
歯茎の穴に歯垢が付着して歯肉が炎症を起こしています。

歯茎と歯の境界がアーチ状に
赤く炎症を起こしているのが判ります。

本来ならば、プライマリーケアとして
この歯肉炎の治療を先にするのが
正しい選択であると思います。

患者さん本人が形態の回復を
優先することを希望するならば、
その希望に添って治療する事も
大切な配慮ではないかと私は考えます。
 

ある程度金銭をかければそれなりの治療は出来ます。
20万円と数千円と比べ、
20万円の方が良い結果が出るのは当たり前です。

しかし、それよりは劣るが
少額の費用である程度の治療が出来るなら、
患者さんに選択肢を提示して

自分で選択していただく事が、
一番クリアーな選択であると思います。
 

TOPページ
 
 詳細INDEX



JR鶴見駅東口  京急鶴見駅
駅前隣接

230-0050 横浜市鶴見区鶴見中央1−31 
シークレイン2F

TEL 045−504−6600
 


TOP