症例その7 歯科でしばしば問題になる前歯の修復 横浜市鶴見区 鶴見駅前の歯科 歯医者 北村歯科

北村歯科  横浜市鶴見駅東口駅前


  1999年記
 症例その7 歯科でしばしば問題になる前歯の修復 保険か?自費か?


歯科診療に関することで特に問題になることが多いのが、
前歯の修復に関する問題です。

私の医院にもにも多くの患者さんからの問い合わせがあります。

なぜ、問題になることが多いかと言えば、
失ってってしまった歯を形態回復するには
人工的に制作したのもを使いますが、

その制作物を作る時に材料的な問題で
選択肢が生じるからだと考えます。

どんな選択肢か?
早い話が健康保険か?、健康保険外か?。
ということです。

健康保険給付外の材料を選択した場合には
自由診療となり経済的出費が伴うからです。

材料等に関して詳細な説明は省略いたしますが 
1.保険内
2.保険外 
の二つに分けて考えなくてはなりません。

下で紹介した症例は、ここまでひどくなっても、

きちんと健康保険で修復出来る
という例です。
細かなことは、
かかりつけの歯科医院でご相談なさると良いと思います。

 

崩壊してしまった前歯を抜かないで保存処置をして
その後、健康保険で俗に言われる
「差し歯」を作った例です。

すべて健康保険の範囲で処置しました。
条件はありますが
前歯もきちんと健康保険で修復出来ます。



はじめの状況です。前歯はほとんど崩壊状態です。

ますはこれらの歯を残すための保存処置をしていきます。
 
 レーザー治療器等を用いて根だけになった歯を
保存処置をします。

この写真はレーザによる処置後です。
もちろん痛みが伴わないため麻酔も必要ありません。
 
 
 虫歯に浸食された部分を除去した状態です。
顎の部分に埋まっている根を利用して歯を植立していきます。
半分だけ土台が出来た状態です。
 
 
 歯をかぶせる為の土台までの状態です。
この土台にキャップする感じで歯冠をかぶせます。
 
 
 一通り歯が完成しました。
他の未処置の部分も同様にして
歯を作って形態を回復していきます。
 
今度は左半分です
 
この歯はほとんど崩壊状態なので
人工的な制作物で
形態を回復しなくてはなりません。
 
 
 制作物を装着した後、
他の歯は複合材料で修復しました。
 
 
 要処置の 部分はまだありますが、
一応完成です。

ここまでで上の歯を10本修復しました。
この後他の部分治療となります。
 
 TOPページ

 詳細Index



JR鶴見駅東口ロータリ内
京急鶴見駅30秒

230-0050 横浜市鶴見区鶴見中央1−31 
シークレイン2F

TEL 045−504−6600
 


北村歯科