症例その8 前歯のすっきっ歯 横浜市鶴見区 鶴見駅前の歯科 歯医者 北村歯科

北村歯科  横浜市鶴見駅東口駅前

 1999年記
歯と歯の間にすき間があることを
気にする人は以外に多いように思われます。

しかし特に気にしなければ、
それ自体は『見た目』だけの問題で
治療の必要はないかもしれません。

どうしても気になる場合には色々な修復方法がありますが、
プラズマライトを用いた方法なら
極めて安価で行うことが出来ます
しかし二本歯のすき間があまりにも広い場合には、

この方法では修復できないために適応外となります。
 20代前半の女性です。
本人はこのすき間をかなり気にしていたようです。

いずれにせよ両方の歯に
虫歯があるために処置が必要でした
 
 
 修復後です。本人はかなり満足のようです。
他人が見ても全くわからない状態です



 

別の女性の前歯の例です

この程度距離ならばどうにか形態修正は可能です。
 
 
二本の歯を完全に連結すると
清掃が出来ないために、
歯肉炎等の障害が起こる可能性があります。

デンタルフロスで清掃できる間隙を作ります。
これが非常に大切なポイントとなります。 

TOPページ
 
 詳細index


JR鶴見駅東口  京急鶴見駅
駅隣接

230-0050 横浜市鶴見区鶴見中央1−31 
シークレイン2F

TEL 045−504−6600
 


北村歯科